名古屋支店 M.Jさん (2012年入社)

仕事を通していろいろな業種と関わるところに、魅力を感じた。

就職活動中、IT系企業の説明会に参加した中で「業務アプリを開発する」という点では同じでも、大手企業のシステム部門や、会計システム専門の会社、テスト工程だけを請け負う会社など、結構違いがあるということがわかりました。説明を聞くうちに、ひとつの分野に特化するよりも、幅広い業種に携わる仕事の方が面白いのではないかと思い、当社を選びました。

実際に入社してから、初めは運送会社の倉庫管理システム、その次は鉄道会社の会計システム、その次は工具メーカーの受発注システム…と、想像通りいろいろな業種向けのシステム開発を経験しました。現在は電機メーカーの生産管理システムの開発に携わっています。

システム化のためにお客様の業務内容を勉強するのは大変ですが、今まで関わりが無かった業種の内側を知ることができるので興味深いです。

お客様の要望が解決できたときに、やりがいを感じる。

お客様の「こうしたい」や「これができなくて困っている」という要望を解決できたときに、やりがいを感じます。例えば「今まで1回1回ボタンを押して処理していたものを、1つのボタンで一括処理したい」といったことで、自分が作ったシステムによってこれまでできなかったことができるようになると、お役に立てたかな、とうれしく思います。

また、最近では新規システム開発の際に、お客様が直接操作する画面のレイアウトから携わることが多いので、なるべく簡単で分かりやすい操作画面となるように試行錯誤しています。どうすればお客様にとって使いやすいのか、客観的に操作する項目を見て、押しにくいボタン・見づらい文字・分かりにくい表記などがないように心がけています。また、間違えてしまいそうな箇所・操作ミスが起こりやすい箇所には、誤って操作してしまわないように制御を入れるなど、操作性の向上に努めています。


<就活生へ一言>

就活中は、少しでも気になる企業の説明会にはどんどん足を運んでみるのをお勧めします。乗り気じゃなかったけど説明を聞いたら興味が湧くということもありますし、その企業だけでなく業界全体の話を聞けて業界研究になることもあります。

また、実際に出社から退勤まで、一日働く姿を想像してみると、自分の興味ややりたい仕事が浮かんでくると思います。想像できないところは、ぜひ説明会で質問してみてください。


社員紹介一覧に戻る

0コメント

  • 1000 / 1000